男性の更年期・女性の更年期

以前は更年期と言えば、中高年の女性特有のもののように言われていましたが、最近では、「男性の更年期」「若い女性に見られる若年性更年期障害」も認知されるようになってきました。また、病院でも、「更年期外来」などを設けて、専門的に取り扱うことが増えてきました。

更年期の症状

  • 男性の更年期
    男性ホルモン(テストステロン)が減少しはじめる40代・50代に多く、まれに30代で現れる人もいます。女性の更年期と同じような症状の他に、頻尿や残尿感などの泌尿器系の症状やEDなどの性機能低下がみられるのが特徴です。

 

  • 症状
    ・顔や体がほてる   ・汗が出る   ・手足が冷える、しびれる
    ・胸がどきどきする  ・めまい   ・息苦しい   ・耳鳴り
    ・不眠   ・ゆううつになる   ・倦怠感   ・いらいらする
    ・肩こり   ・腰痛   ・関節痛   ・乾燥肌   ・皮膚のかゆみ
    ・食欲不振   ・便通の異常
    ・頻尿   ・残尿感   ・尿の後ぎれの悪さや勢いの低下
    ・性欲低下   ・朝の勃起の減少   ・性交途絶
    ・ED(勃起障害、インポテンツ)

 

  • 女性の更年期
    月経が終わる閉経年齢をはさんだ前後の約5〜10年間を言います。閉経年齢には個人差があり、早ければ40歳代前半、遅ければ50歳代後半になる例もあります。あらわれる症状も人それぞれで、かなりの個人差があります。卵巣のはたらきが低下し、ホルモンのバランスが崩れるためにおこり、心臓血管系の障害、精神的な症状が中心になります。

 

  • 症状
    ・顔や体がほてる   ・汗がでる   ・手足が冷える、しびれる
    ・胸がどきどきする   ・めまい   ・息苦しい   ・耳鳴り
    ・トイレが近い   ・尿失禁
    ・不眠   ・ゆううつになる   ・倦怠感   ・いらいらする
    ・肩こり   ・腰痛   ・関節痛   ・乾燥肌   ・皮膚のかゆみ
    ・食欲不振   ・便通の異常
    ・月経の乱れ   ・不正性器出血

 

  • 若い女性にも更年期障害(若年性更年期障害)
    卵巣に異常がないのに一時的に女性ホルモンの分泌が減少することが特徴。月経が不規則になったり、更年期と同じような症状が表れます。原因の多くはストレスや過度のダイエットと言われています。肌荒れや脱毛などの症状により、さらにストレスが増加するという悪循環も・・・

更年期の過ごし方

このような症状のでる更年期を、うまく乗り切ることができず、悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。このページにたどりついたあなたも、そのお一人なのではないでしょうか?

できることなら、明るく、健康的に更年期を過ごし、その先の豊かな日々に向かって前向きにいきたいものですよね。


更年期を明るく乗り切るポイント 7ヵ条

一、 よい相談相手をもつ
 〜 ひとりで悩まないで!家族や友人に思いを伝えましょう。
一、 新しいことに挑戦する
 〜 ご夫婦で一緒に始められるのもよいでしょう。
一、 おしゃれをする
 〜 きっと心が軽くなります。おしゃれして、さあでかけましょう!
一、 バランスのとれた食事
 〜 食生活はすべての基本。必要な栄養素を充分に摂りましょう。
一、 適度な運動
 〜 体を動かすことで心も健やかになります。
一、 充分な睡眠
 〜 睡眠はあなたの心と体を養います。
一、 適切な健康管理
 〜 定期的に健康診断を受けましょう。

更年期障害の治療法

更年期障害の大きな原因は、体内のホルモン量の低下です。病院の更年期外来などでは、治療の一つとして低下したホルモンを補充するために、ホルモン治療薬が処方されることもあります。しかし近年では、ホルモン治療薬による副作用(女性では子宮ガンや乳ガン、男性では前立腺ガンの発生)が疑われています。ですから、ホルモン剤を使用した治療は慎重な判断が必要です。

更年期障害の治療は、ホルモン剤や漢方薬、向精神薬などの薬物治療の他、カウンセリング・自律訓練法などの心理療法を合わせて行われます。しかし、重要なのは、そのような治療と一緒に、食生活や運動、ストレスの軽減など、「自分で心がけることができる」ことを、前向きに実践していくことです。

なかでも重要なのは、必要な栄養素を充分に摂り入れること。人間は、口から取り入れたものを血や筋肉にして生きている、というのは当たり前のことのように思われますが、それにしてはなかなか気を使えない毎日を送ってはいないでしょうか?更年期は、今までと同じだけの栄養を取り入れても、その吸収率が落ちる頃でもあります。ですから一層、どんな栄養が大事かを、考えていかねばなりません。

「薬」は、病気にならないと処方されない、「対症療法」。病気になる以前から病気になりにくい身体をつくるには、やはり、必要な栄養を必要なだけ摂取することが重要なのです。

更年期に必要な栄養素

いかに栄養が大事といっても、日々の食生活だけで必要な栄養をまかなうのは、非常に難しいことです。食卓に並ぶ料理にどんなに気を遣っていても、どうしても取り入れにくい栄養素があります。ましてや、忙しい毎日の中では、ついつい、手軽にできるインスタント製品や加工食品にたよってしまうこともあります。

更年期に特に摂取を心がけた方がよい栄養素はいくつかありますが、中でも亜鉛は、体内のホルモンや免疫物質、消化酵素などを合成するために不可欠な栄養素。皮膚細胞・精子・卵子・脳細胞などの新しい細胞をつくるためにも欠かせません。亜鉛が不足することで、更年期に見られる様々な障害が出やすくなります。また、近年、若年性更年期障害や勃起障害、味覚障害、脱毛症、暴力行為などが増えているのも、亜鉛が不足の兆候でしょう。

その亜鉛を世の中で一番多く含む食品が、牡蠣です。牡蠣は、亜鉛の他にも人間の身体に必要なミネラルをまんべんなく備えた完全食品でもあります。

そこで、愛甲調剤薬局では、その牡蠣からエキスを抽出した「牡蠣肉エキス」に注目しました。そして、自分で試してみて身体が軽くなるのを実感し、また、患者さんに勧めて、たくさんの感謝の言葉をいただいて、もっと、この牡蠣肉エキスのすばらしさを伝えたい!と考えています。

更年期で悩むあなたに、明るく健康な毎日をお過ごしいただくために・・・